がんの注意点は再発と転移|長い目でしっかりがんを治しましょう

若い方にできやすい腫瘍

看護師

骨肉腫はがん細胞が手や足の骨に入り込んで発症します。抗癌剤治療を行います。切除手術もおこなって腫瘍を摘出します。遺伝的な病気といわれていて、防ぐのは難しいです。痛みがあれば病院へ行きましょう。

More Detail

生活を続けながら治療する

入院

免疫治療は抗癌剤治療や放射線治療と違い、普段の生活を続けながらガン治療を受けることができます。副作用もほとんどありません。入院する必要も無いので精神的にも負担が少ない治療法です。

More Detail

定期的な通院で早期発見

案内

胃がんは日本人がかかりやすいがんのひとつです。自覚症状が他のがんに比べると少ないので、発見が難しくなっています。しっかりとした食生活で胃がんを予防しましょう。定期的な通院で早期発見に繋がります。

More Detail

治らないわけではない

医者

人類にとってもっとも脅威がある病気のひとつが、がんです。日本人の死亡率で一番高いものががんです。がんの怖いところは発見が送れると死に繋がるというところです。がんの治療は早期発見が大事といわれていて、進行が早いので手遅れになる場合も多いのです。がんを見つけることができても、手術が難しい箇所に腫瘍があると手術は困難を極めます。小さいがんや、切除が難しいがんは抗癌剤治療や放射線治療で治療していきます。がん細胞にダメージを与えて弱らせる治療ですが、人体にも大きなダメージがあり、副作用を招きます。それほど辛い治療なのです。この病気の怖いところは成長速度だけではありません。他の臓器に転移する恐れがあるということです。転移してしまうと、辛く長い治療が続きます。転移している部分を治療している間に、元の部位に再発するなんていうこともよくあります。がん細胞はそれほど手強い難しい病気なのです。がんを発病してしまうとがんと長く付き合っていかなければいけません。がんは転移しても再発しても治せない病気ではありません。治療を続けることでがん細胞は小さくなっていきます。消滅することもあるのです。転移や再発に気をつけて治療を続ければ必ず治ります。がんを患ったからといって落ち込まずに、しっかりと病気と向き合いましょう。お医者さんと治療法などをよく話し合うことが重要です。病気と上手く付き合っていって、完治させましょう。