がんの注意点は再発と転移|長い目でしっかりがんを治しましょう

定期的な通院で早期発見

案内

胃がんは、日本人の死亡原因の上位にあるガンです。欧米の方はあまり発症しにくいガンとしても知られています。胃がんの特徴は、ガンの発症に気づきにくいという点です。かなり進行しても自覚症状は無く、気づいた頃にはかなり巨大な腫瘍ができているということもあるようです。症状を感じて気づく方もいるようですが、他のガンに比べると発見が遅れます。胃がんの症状としては、居の痛みや胸焼け、吐き気、食欲不振などがあります。身に覚えのある方はすぐに検診に行くことをオススメします。胃がんの場合はとても危険です。胃がんを発症する方は40代を過ぎた方に多いようです。貧血や黒い色をした便をすることも胃がんの症状といわれているので、注意しましょう。胃がんの原因は荒れた食生活や、飲酒、喫煙などといわれています。他にも、ピロリ菌の数が増えることによって胃がんのリスクを高めるようです。野菜や果物の摂取も大事です。野菜や果物不足も胃がんの発生リスクを高めるので、しっかりとした食生活を送って、胃の調子を整えましょう。胃は内蔵の中でも大きい部分です。放っておくと他の臓器に転移する恐れがあります。できるだけ早期発見ができるようにしましょう。胃がんの発生をできるだけ抑えるために、しっかりとした食生活を心掛け、定期的に通院しましょう。定期的な通院をすることによって早期発見が可能になります。早期発見で転移するのを防ぐことができるので、完治に繋がります。